自分のケガをカバーするには人身傷害保険が最適

自動車事故では運転している自分が怪我を負うことも多いわけですが、自賠責保険の補償範囲に見られるように、自動車保険は基本的に他者への損害賠償を目的とする保険です。

そのため、自分の側に過失の割合が大きい交通事故を起こした場合は、自分自身の損害を補てんする十分な保険金を受け取ることが出来ない場合もあります。

こんな時に自動車任意保険の人身傷害保険に加入していると、不足分の損害を補てんするばかりでなく、怪我の治療代などを迅速に受け取る事が出来ます。

特に歩行中に交通事故に遭った被害者は、自分自身で直接、加害者や相手側の保険会社との示談交渉に臨まなくてはなりませんが、自動車任意保険に加入していると、このような煩わしい交渉も全て保険会社で担ってもらえるという利点があります。

交通事故の相手がはっきりしている場合は相手側の加入する保険から補償を受けることが出来ますが、ひき逃げや無保険車による交通事故の被害者になる場合もあり、どこに損害賠償を請求すれば良いのかわからない場合もあります。

そんな時は、健康保険や労災保険などの政府の保障事業により救済を受ける事が出来ます。

ただし、治療費の全額を自分自身で支払ってからの請求になってしまうこと、請求期間は2年以内ということに気を付けなければなりません。

交通事故は健康保険の対象にならないと言われることがありますが、まずは怪我の治療を最優先にすると言うことで健康保険を使用する事が出来ます。

その後、加入する健康保険に第三者の行為による傷病届を提出しましょう。

任意自動車保険の対人賠償に加入している場合、自損事故と無保険車傷害はセットで付いてきます。

その他、人身傷害や搭乗者傷害でも保険金を受け取れますが、どの様に違うのか、それぞれの補償内容をしっかり把握する事が大切です。


このページの先頭へ