自動車同士の事故では二次災害の防止が最優先

対物事故は自動車同士のぶつかるケースが多いものですが、まずは二次災害を防ぐ為に事故車両を安全な場所に移動するの最優先で行うべきことです。

また、どんなに軽い怪我でも後ほど影響が出る恐れもあるので病院で診察してもらいましょう。

そして、怪我人の有無にかかわらず警察に届け出をし、事故車両を修理工場に運ぶ手配を行います。

勿論、保険会社や代理店に直ちに連絡します。

交通事故を起こすと気が動転してしまいますので、何はともあれ保険会社に連絡して指示を仰ぐのも一つの方法です。

各保険会社では事故受付と同時に初期対応も行っているので。的確な指示やアドバイスをくれるはずです。

自動車同士の事故では、双方の過失により過失相殺が働いて保険金が削減される場合もありますから、事故の事実関係に対して双方で認識が違うと、トラブルに発展する可能性があります。

そのため、事故が起きたらその場で交渉せず、事故の相手方の氏名と連絡先、ナンバーなど身元がわかる情報を確認し、警察に必ず届け出ます。

また、写真を撮ったり目撃者の連絡先を教えてもらったりと、状況証拠を出来るだけ集めるようにしましょう。

対物事故での相手方への賠償については、保険会社が事故調査を行い、相手方と面談して交渉を行います。

保険会社では、相手方との示談書の取り交わしや賠償金の支払いなど、損害賠償責任が解決するまでの一切を取り仕切ります。

また、相手方に支払う損害賠償金だけでなく、こちらが受け取る損害賠償金が発生した場合の過失相殺による調整も保険会社が行います。

怪我人が出ない物損事故でも明らかに自分側が加害者の場合は後日謝罪に伺う事が大切ですが、双方の過失の割合がはっきりしない場合の謝罪については保険会社に相談してみると良いでしょう。


このページの先頭へ