対人事故ならまずは怪我をした人の救護

対人事故を起こしてしまった場合、まずは怪我をした人の救護を行わなければなりません。

これをしなければ人間性を疑われても仕方がないと思います。

最も重要で当たり前の事なのですが、加害者となってしまった場合にパニック状態になって立ち去ってしまうとひき逃げとみなされてしまいます。

起こしてしまった事故は取り返しがつきませんが、自動車保険に加入していることによって出来る限りの賠償を支払うことは可能です。

ともかくパニックにならず冷静になって被害者への損害賠償責任を果たしましょう。

交通事故を起こし、被害者の救護を行ったら警察と保険会社に連絡しましょう。

この場合、どんな小さな事故でも後々トラブルの元になりますので、その場では事故の相手方と示談などの交渉をしてはいけません。

まずは相手方の氏名と住所を基本に、職場など連絡出来る場所を聞いておきます。

また、目撃者がいる場合も同様ですが、その際は自分の連絡先も渡しておきましょう。

事故の連絡を受けた保険会社は、事故の調査や相手方との面談、損害賠償金の内払い、最終的な損害賠償金の支払いまで請け負います。

また、対自動車事故に於いて相手方にも過失があった場合は、相手方の保険会社からこちらに支払われる損害賠償金についても保険会社同士が調整して支払いを行いますので、保険会社に全てを一任する形になります。

ただし、大事な点は、謝罪の気持ちは自分自身がしっかり伝えなくてはならないということです。

例え相手方にも過失がある場合でも、お詫びやお見舞いに伺うことは誠意の問題として大切なことです。

また、この際に持参するお見舞代や香典代も保険金の対象になりますが、これらの個人的な謝罪は保険会社が行う損害賠償の手続きの交渉には当たりませんので、契約時に設定した対人賠償保険とは別枠で支払われます。


このページの先頭へ