頻繁に運転する方は保険契約を慎重に行う必要がある

通勤や仕事上の業務において自動車を運転する機会の多い方は、交通事故のリスクも高まりますので、その分保険料も高くなりがちです。

社用車の場合は自分が心配する必要はありませんが、私用車での業務や自営業者の方は自動車保険の契約を慎重に行う必要があります。

会社員で通勤中や業務中に交通事故を起こした場合は労災保険の対象にもなりますが、労災保険と自動車保険はどちらも受けた損害を穴埋めする補償なので、給付の調整が行われます。

つまり、どちらかが先に支払われると、その分が差し引かれて後からの補償が支払われるということになります。

また自営業者の方の場合だと、労災保険やその後の休業分を補てんする健康保険の傷病手当金を受け取ることが出来ませんので、より自らが契約する任意自動車保険の重要性が高まります。

任意自動車保険では、人身傷害を付帯すれば損害の穴埋めに不安はありませんし、搭乗者傷害があれば定額の保険金を更に上乗せして受け取ることが出来ます。

自動車を利用する機会が多い方は、いくら自分の運転技術に自信があっても交通事故に巻き込まれるリスクは高いものです。

その為、自動車任意保険は簡素化せずに契約した方が結果的で安心できると思いますので、なかなか保険料を安く抑えることが出来ませんが、自分自身で管理できる方はインターネットや通信販売の契約を利用して保険料を安く抑える方法もあります。

ただし、場合によっては代理店を通した方が安く済む場合もありますので、様々な保険会社の見積もりを比較してよく吟味しましょう。

各社の様々なタイプの自動車保険を比較するには、無料の一括見積もりがとても便利です。


このページの先頭へ