50cc原付ならファミリーッバイク特約がとてもお得

自動車保険は、排気量が125ccを超える二輪車(バイク) とそれ以下の原動機付自転車(原付バイク)についても加入する必要があります。

四輪自動車の場合と同様に、自賠責保険は強制加入ですが任意自動車保険への加入は個人の意思に任されます。

排気量が125cc以上のバイクでは、保険会社によって個別にバイク保険商品が用意されている場合もありますが、補償内容は四輪自動車保険と変わりません。

ただし、ロードアシストサービスが付いていない場合もありますから注意が必要です。

また、バイクの場合はそれまで乗っていた自動車とこれから使うバイクを車両入替することは出来ませんので、新たにバイク保険として契約する必要があります。

原付バイクの保険には、全年齢補償と21歳未満不担保、ファミリーバイク特約の3種類の保険があります。

ファミリーバイク特約は、既に四輪自動車に於いて任意自動車保険に加入している場合に付帯できる特約で、単独で保険をかけるよりも保険料が安く済みます。

補償金額は加入している四輪自動車の補償内容と同様で、対人賠償や対物賠償、人身傷害か自損事故からの保険金を受け取ることが出来ます。

ファミリーバイク特約では、主契約の自動車保険で設定されている年齢制限や運転者の限定は関係なく、同一生計の内であれば他の家族も無条件で適用されます。

また、対象となる原付バイクは限定されず、他者から借用して事故を起こした場合でも補償されます。

更に、ファミリーバイク特約で保険を使った場合でも、主契約である自動車の等級は落ちませんので、この点でもメリットがあります。

ファミリーバイク特約はこのように大変メリットの多い特約なので、原付バイクに乗るならぜひ付帯したいものですね。


このページの先頭へ