他人の車を運転する時は1日自動車保険が安心

借りた車やレンタカーなど自己所有以外の自動車を一時的に運転する場合の保険についてですが、レンタカーなどでは自動的に自動車保険が手配されますが、家族や友人の自動車を借りて運転する場合の自動車保険については心配があります。

万が一借用した自動車で交通事故を起こした場合は、契約内容にもよりますが、自動車の所有者が加入する自動車保険を使用する事も出来ます。

しかし、そうなるとその方の自動車保険の等級が下がってしまい、翌年からの負担額が増えてしまい車の所有者に迷惑をかける事になります。

近年等級ダウンによるペナルティーが大幅に強化されてからは、この迷惑の度合いがさらに大きくなりました。

こんな場合には、迷惑を及ぼさなくてすむよう自分が加入する自動車保険を優先的に使用する事が出来ます。

自分がマイカーを所有していて自動車保険に加入している場合は、通常自動付帯される他者運転危険担保特約により、自分の契約する自動車保険を使う事が出来ます。

また、自分自身では自動車を所有せず、当然自動車保険にも加入していない場合は、1日自動車保険を一時的に利用すると良いでしょう。

1日自動車保険とは、家族や友人の自動車を借りて運転する場合、1日から最長7日間の間、一時的にかける事が出来る自動車保険です。

事前登録しておけば、携帯電話やスマートフォンからの申し込みですぐに使えます。

補償内容は、対人賠償、対物賠償、搭乗者傷害、自損事故、車両搬送費用がついた基本的なプランが500円、それに加えて借用した自動車の復旧費用(自己負担金有)がついて1、000円となっています。

車種が限られている事や申込時間に関わらず、保険がその日の24時までしか適用されない事などの制約があるので気を付けなければなりませんが、一次的に自動車保険を使用したい場合に大変便利です。


このページの先頭へ