格安の通販型に切り替えれば大幅な保険料節約になる

この記事は、

・軽自動車を購入したディーラーから自動車保険の加入も勧められて方

・ディーラーおすすめの自動車保険に加入して更新し続けている方

を主に頭に思い浮かべながら、軽自動車の任意保険料を安くする方法についていろいろと紹介してみます。

いうまでも無く軽自動車の最大のメリットは、自動車取得税、自動車税、自賠責保険料が普通車に比べて安く、ガソリン代、タイヤ代、高速代等の経費も安上がりになることです。

2014年には新車販売台数に占める軽自動車の割合が40パーセントを超えたそうですが、このように近年軽自動車の売れ行きく伸びているのも、普通車には無い経済性が大きく寄与しているのだと思います。

このように何かとリーズバブルな軽自動車ですが、1点だけ注意しなければならないことがあります。

それは自動車保険、つまり自賠責保険に加えて加入する任意保険の保険料に気をつけなければならないということです。

■代理店型自動車保険は軽のメリットを吹き飛ばしかねない

ディーラーから軽自動車を購入すると、ほとんどの場合任意保険である自動車保険もディーラーから勧められることになると思います。

このディーラーの勧める自動車保険は「代理店型自動車保険」と言って、保険料が割高になる任意保険だということをご存知でしたか?

そうなんです。自動車ディーラーのほとんどが自動車保険の代理店になっていて、自社が扱っている保険への加入を勧めてくるというわけです。

軽の購入者がその保険に加入すれば、代理店であるディーラーに保険料の10%とか15%という手数料が保険会社から入ることになります。

つまり、ディーラーは本業である車の販売の片手間に保険代理店の業務も行っているんですね。

もちろん、国内に「代理店型自動車保険」しかないのであれば、ディーラーおすすめの保険に加入することは手続きも簡単になるし結構なことでしょう。

でも、自動車保険には「通販型自動車保険」というとても安上がりな選択肢もあるのです。

ディーラーおすすめの代理店型を断ってこの通販型を選べば、たとえば5万円台の保険料が3万円台になるなど、大幅な保険料の節約になるのです。

もちろん補償内容、加入条件などを全く同じにしてです。

■軽自動車には保険料の安い通販型が似合う

数年前ですが弟の嫁さんのダイハツ ムーヴの自動車保険を通販型に切り替えてあげて、保険料がほぼ半額になったことがありました。

軽なのに旦那のヴィッツよりも保険料が高くて悩んでいたのです。

彼女の場合は自動車保険の高い保険料のせいで、軽自動車の維持費のメリットが吹き飛んでしまっていたと言っていいかもしれません。

このように通販型の自動車保険という選択肢を知らなければ、知らないうちに軽自動車の最大のメリットである経済性が大きく損なわれることになってしまいます。

ディーラーの代理店業務も商売ですから、「通販型という安い保険もありますよ」などとディーラー側から教えてくれることはありません。

ディーラー任せにせず自分で任意保険を選ぶだけで、年間数万円もの保険料を簡単に節約できるのです。

何しろ任意保険ですから「自動車保険は自分で加入します」と伝えればディーラーも分かっていますのでそれ以上の勧誘はしません。

■「いざという時は代理店型が安心」というのは根拠の無いデマ

このように経済的な軽自動車にぴったりの通販型ですが、ネットなどでは「いざという時のことを考えれば通販型は避けたほうがいい」などというコメントを見かけることがあります。

安い通販型は事故時の対応が心もとないというわけです。

でも、このような根拠の無い中傷的な話は一切無視してかまいません。

通販型のシェアが伸びれば自分たちの収入が減ってしまう代理店関係者の一方的な書き込みがほとんどだからです。

実際にはむしろ安い通販型の方が顧客満足度調査の多くで上位に入っているのです。

たとえばJ.D.パワーの日本自動車保険事故対応満足度調査が有名ですが、2015年版では通販型のソニー損保が第1位担っているといった具合です。

保険料が高いから事故対応も優れているとは限りません。

総合的な満足度では平均して通販型の方がポイントが高いという傾向になっています。

■通販型でも安いところと高いところがある

代理店型に比べて全般に保険料が割安な通販型自動車保険ですが、現在では

ソニー損保、おとなの自動車保険、アクサダイレクト、チューリッヒ、アメ○○ンホーム、そんぽ24、三井ダイレクト、SBI損保、イーデザイン損保

の9社が販売しています。

そして、これら各社は様々な特色を出して競走していますので、いつでも誰でも特定の損保会社が最安になるとは限りません。

通販型であればどこを選んでも少なくとも代理店型よりは安くなるでしょうが、どうせなら通販型の中でも自分の加入条件で一番安くなるところを選びたいものです。

そんなときに便利なのが自動車保険一括見積もりの無料サービスです。

この見積もりサービスを利用すれば、最大20社など数多くの保険会社に見積もりを一括して依頼できるので、一発で最安の自動車保険を知ることができます。

軽自動車の保険料を安くする方法はこの一括見積もりを利用するに限ります。

是非一度試してみてください。

補償内容など全く条件が同じなのに各社の保険料が大きく違うことにきっと驚くと思いますよ。


このページの先頭へ